スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交通費、検証結果


交通費をいろいろ検証した結果・・・・
京都観光の交通費を安くしようと思ったら「京都観光一日乗車券」や「市バス一日乗車券」を使うことになるのですが、どちらの乗車券も「乗り物に乗り降りする回数」でお得度がアップします。
観光地の近くまで行く乗り物はほとんどがバスなので、結果的にバスに乗り降りする回数がお得度に左右されるというわけです。
希望する観光地まで移動するのにバス1本で行けるとは限らないので、市内を数か所観光する場合、慣れていても4~5回程度乗車すると思われます。
そう考えると「市バス一日乗車券」のコストパフォーマンスは優れています。
しかし「京都観光一日乗車券」の場合は、移動が少ない場合には、ほぼ価格相応のチケットになってしまいます。

まとめると、
嵐山方面には「市バス一日乗車券」と「嵐電1日フリーきっぷ」
  注)嵐山観光の後に、市営地下鉄や京都バスに乗る予定があれば「京都観光一日乗車券」

鞍馬方面は「市バス一日乗車券」と叡山電鉄の乗車券
醍醐方面は「京都観光一日乗車券【山科・醍醐拡大版】」
大原方面は「京都観光一日乗車券」
宇治方面は「市バス一日乗車券」
  注)宇治観光の後に、市営地下鉄や京都バスに乗る予定があれば「京都観光一日乗車券」


を購入すれば問題無いです。(宇治方面は別途JR切符も必要)
もちろん、市内中心部だけを移動するのであれば、「市バス一日乗車券」だけで十分です。

ただし、この交通費の検証は京都駅を起点に行っています。
阪急沿線、京阪沿線、近鉄沿線から乗車して京都観光する場合は、こちらのエントリーも参考にしてください。
また、目的地が決まっていてその周辺のみ観光する場合は、お得度が異なる可能性があります。



さて、行き先ごとに購入する乗車券の種類を書きましたが、

めんどくさくて細かいことを考えたくなければ、
迷わず「京都観光一日乗車券」を購入しましょう。


あとで計算すると***円無駄だったとしても、観光するときの利便性は向上します。



検証前は微妙に高くないか?と思っていた「京都観光一日乗車券」も、市バス一日乗車券が500円、市営地下鉄一日乗車券が600円というのを考えると、+100円で市バス均一区間外と京都バスも乗れるわけだから、結構使える乗車券と言えます。
コンビニで販売したらもっと便利なのに。
それだけが欠点かも。 (´・ω・`)
関連記事

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人目の訪問です。

プロフィール

mark@kyoto

Author:mark@kyoto
京都市民が京都観光について書いています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加中
よければクリックを。

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。