スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いい古都チケット」「京めぐり」「京阪みやこ漫遊チケット」


★★★ 主な内容 ★★★
●発売期間
 いい古都チケット(2012年は3月17日~6月3日、10月1日~12月30日)
 京めぐり (2012年は1月10日~12月30日)
 京阪みやこ漫遊チケット (2012年は3月17日~6月3日、10月1日〜12月30日)
●取り扱い場所は、各電鉄の案内所など。
●発売期間と有効期間は一緒。
●各チケット、例年ほぼ同じ時期に販売。


これらのチケットに共通するのは、
京都観光一日乗車券
それぞれの鉄道会社のフリー乗車(区間限定)
これらが1つになってるということです。

つまり、チケット代から1200円(京都観光一日乗車券)を引いた金額が、乗車する各鉄道料金(阪急、阪神など)より安ければお得という事ですね。

「いい古都チケット」の阪急阪神版で考えると、
チケット代が1600円なので、阪急や阪神で往復400円以上かかる場所から乗る場合はお得。
河原町←→洛西口が180円(往復360円)なので、洛西口より大阪方面の駅から乗る場合は利用する価値ありです。

他のチケットも概ねこんな感じで、リーズナブルになっています。


でも、
京都に来て市バスしか乗らない場合は、かえって割高。

「いい古都チケット」の阪急阪神版(1600円)を例にすると、
梅田~河原町間
 阪急、片道運賃 390円(300円)
 市バス一日乗車券 500円
 合計1280円(1100円)

三宮~河原町間
 阪急、片道運賃 600円(400円)、
 市バス一日乗車券 500円
 合計1700円(1300円)

カッコ内は土日限定切符を金券ショップで購入した場合。


「いい古都チケット」より高くなるのは、三宮から正規運賃で乗車した場合のみです。


京都に来て、嵐山、大原、岩倉方面に行く予定が無く、市営地下鉄に乗る予定が無い場合は、市バス一日乗車券で十分。
金券ショップで各電鉄会社の割安乗車券を購入すれば、より安くすることが可能です。


そうは言っても、
「京都観光一日乗車券」の利用範囲が使えて、各電鉄がフリーで乗車できるのは最大のメリット。

観光場所や途中下車する予定などを十分考えれば、購入する価値はあります。




「いい古都チケット」の詳細はこちらでどうぞ(阪急電鉄のサイトです)
http://rail.hankyu.co.jp/otoku/detail/10/
「京阪みやこ漫遊チケット」の詳細はこちらでどうぞ(京阪電鉄のサイトです)
http://www.keihan.co.jp/traffic/valueticket/ticket/miyako_2013spring/
「京めぐり」の詳細はこちらでどうぞ(近鉄のサイトです)
http://www.kintetsu.co.jp/senden/Railway/Ticket/kyo_meguri/index.html

京阪電鉄と近鉄が企画する次のお得チケットについては、こちらのエントリーも参考にどうぞ。
「嵐山・東山1dayチケット」
「鞍馬・貴船1dayチケット」
「大原1dayチケット」
「宇治・伏見1dayチケット」
「比叡山横断チケット」
「比叡山1dayチケット」
「京都東山1dayチケット」
「鞍馬・祇園1dayチケット」

各種、お得チケットの内容を簡単にまとめたエントリーはこちら。
関連記事

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人目の訪問です。

プロフィール

mark@kyoto

Author:mark@kyoto
京都市民が京都観光について書いています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加中
よければクリックを。

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。