スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「京の遊々きっぷ」


★★★ 主な内容 ★★★
●東海道新幹線の往復チケットと「京都観光一日乗車券」がセットになってる。
●「京都観光一日乗車券」は引換券で提供(京都駅の案内所で引き換える)
●出発駅は東京~岐阜羽島の間で選択できる。(出発駅で価格は異なる)
●東京(都区内)から乗車すると、 27100円(往復)
●関東発のチケット取り扱いは、JR(東日本と東海)の窓口。
●有効期間は4日間
●京都市内のJR線には乗れない。
●4月27日~5月6日、8月11日~8月20日、12月28日~1月6日の期間は使えない。


東京(都区内)から乗車した場合、正規料金では合計28240円になるので、1140円お得ですね。


しかし、次の2つの方法でもっと安くなります。

######## その1 ########
金券ショップを利用する。
●東京の金券ショップで京都までの新幹線チケットを購入する。
   片道12500円~12700円(ほぼこの価格。店舗により異なる)
●京都駅前で「京都観光一日乗車券」を購入する。
   1200円

合計 26200円~26600円(900円~500円お得)

この切符は、4月27日~5月6日、8月11日~8月20日、12月28日~1月6日の期間は使えません。


######## その2 ########
ぷらっとこだま」を利用する。
●JR東海ツアーズの窓口で「ぷらっとこだま」のチケットを購入する。
   9800円(東京、品川発の場合)
●京都駅前で「京都観光一日乗車券」を購入する。
   1200円

合計 20800円(繁盛期は23400円)(6300円~3700円お得)

特典として、ソフトドリンクまたは缶ビール一本が無料です(車内販売で引き換え)。
このチケットは新幹線の乗車駅から有効になるので、その駅に行くまでの運賃は別計算になります。
例えば、新宿駅から行く場合は、新宿-東京間のJR運賃が別途必要になります。
また通常の切符と違いJR東海のツアー扱いになるので、JR東海の改札しか通れません。
JR東日本や西日本への乗り換え口は使えないことになります。
さらに、利用できる車両と席数が限られているので、ネットで空席情報を調べても「ぷらっとこだま」として利用できない可能性があります。




京都の金券ショップで新幹線チケットを買うと12850円ですが、東京では若干安いです。
しかも、京都の価格で買っても「京の遊々きっぷ」の価格より安くなります。
さらに「京の遊々きっぷ」は京都市内のJR線に乗れないけど、金券ショップで購入する回数券は、京都市内であれば目的の駅まで乗ることが出来るし、東京都区内から乗車するのであれば、乗車駅から有効に利用することができます。
但し、「京都観光一日乗車券」の販売所は限られるので、例えばJR線に乗って伏見稲荷で下車すると「京都観光一日乗車券」を購入する場所がありません。
そこから販売所まで行く交通費や手間を考えると、一度京都駅で降りて購入しておくほうが便利ですね。
また、東京から乗車する場合は、八重洲中央口近くの京都館で「京都観光一日乗車券」を購入することも可能です。
なお、JRの切符に記載されている「京都市内」というのは、山陰線は保津峡まで、奈良線は桃山まで、東海道線は桂川と山科まで有効です。
なので、亀岡や宇治に行く場合は別途運賃が必要です。


その2では「ぷらっとこだま」を利用するので「こだま」しか乗れません。
そのため、京都到着まで時間がかかるのがネック。(所要時間比較:のぞみ2時間21分、こだま3時間42分)
本数も1時間に1本なので、乗車の自由度は低くなります。

なお、ぷらっとこだま利用で一番早い列車は、東京7:56分発、京都11:38分着です。


ここでもう一つ安くする方法をご紹介。
JR東海 エクスプレスカード」に入会するという方法です。
IC早特を利用すると、京都までの片道がなんと11470円になります。
年会費に1050円かかりますが、往復運賃と「京都観光一日乗車券」のチケット代を合計しても、25190円です。
1年間に何回か東海道新幹線に乗る人は、こちらのほうが良いと思います。



というわけで、
「京の遊々きっぷ」は、正規料金と比較しても安いので利用価値はありますが、条件次第でさらに安くすることが可能です。



まとめると、
●近くに金券ショップが無い。
   → 「京の遊々きっぷ」
●近くに金券ショップがある。価格も安い。
   → 「その1」の方法。
●京都に到着するのが遅くてもいい。
   → 「その2」の方法。
●東海道新幹線に1年間に何度も乗る。
   → 「JR東海 エクスプレスカード」を利用。


こんな感じでしょうか。

京都に一泊して二日間京都観光する場合、「その1」「その2」の方法を使い、京都に着いてから「京都観光二日乗車券」を購入するほうがお得です。
京の遊々きっぷでセットになってるのは、一日しか使えません。




このチケット決して悪くないのですが、26000~26500円(東京発)ぐらいで提供してくれれば、金券ショップ価格と競合して良い感じなのに、ちょっと惜しい!


「京の遊々きっぷ」の詳細はこちらでどうぞ。(JR東海のサイトです)
http://railway.jr-central.co.jp/tickets/topics/kyo-yuyu/index.html
こちらは、JR東日本のサイトです。
http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=1477

各種、お得チケットの内容を簡単にまとめたエントリーはこちら。
関連記事

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人目の訪問です。

プロフィール

mark@kyoto

Author:mark@kyoto
京都市民が京都観光について書いています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加中
よければクリックを。

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。