スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q&A


◆◆ 拝観、拝観料など ◆◆

Q:拝観料が無料の社寺はありますか?
A:ありますが、有料拝観の寺院が多いです。
京都の社寺は概ね次のような感じになってます。
●基本的に、どこの社寺でも境内は無料です。(ただし、一般開放されてない場合もあります)
●境内に庭園(大きさ問わず)があり、それらを拝観する場合は有料の社寺が多いです。
●境内に重要建築物や特別な仏像などがあり、それらを拝観する場合は有料の社寺が多いです。
●宝物館(寺により名称は異なる)といったような、仏像や掛け軸などを一カ所に集めてる建物に入館する場合は有料です。

また、期間限定で公開するものは有料(通年公開の拝観料に加算)になっています。


Q:拝観料を安くする方法は?
A:以下の方法がありますが、大幅に安くする方法はありません。
●「京都観光一日乗車券」など、一部の企画乗車券に付属しているクーポン券を使用すれば、記載されている社寺の拝観料が割引になります。
割引率は、概ね50円~100円の割引が多いように感じます。
●関連する寺院が共通拝観券を発行しているので、利用すれば少し安くすることが可能です。
私が知る限りでは、
 大覚寺と祇王寺の共通拝観券(通年公開)
 高台寺と圓徳院の共通拝観券(通年公開)
 醍醐寺(三宝院、伽藍、霊宝館)の共通拝観券(通年公開)
 宝厳院と弘源寺の共通拝観券(期間限定公開)
 黄梅院と総見院の共通拝観券(期間限定公開)
 東寺(宝物館含む)と観智院(期間限定公開)の共通拝観券
があります。
●京都きものパスポート というのがあり、着物姿で京都を観光すると拝観の割引や施設の割引を受けることが出来ます。
詳細はこちらでどうぞ。
http://www.kimono-passport.jp/


Q:拝観料にクレジットカードや電子マネーは使えますか?
A:使えません。
拝観料は現金のみ使用できます。


Q:金券ショップで拝観券を販売してますか?
A:以下の拝観券のみ店頭で確認できました。
トーカイ京都駅前店、四条河原町店で、以下の拝観券を販売していました。(2012年11月現在)
●永観堂(夜の拝観のみ)300円(終了)
●高台寺と圓徳院の共通拝観 500円


Q:拝観するための共通のカード(プリペイドカード)や回数券みたいなものはありますか?
A:ありません。


Q:夜に拝観できる社寺はありますか?
A:基本的に夜は開門してません。
ほとんどの社寺は16~18時の間で閉鎖されます。(社寺や季節により異なります)
しかし、夜間ライトアップやイベントなど期間限定で開門する場合があります。
この場合、昼間と拝観料が異なる場合があるので、人の入れ替えを行う社寺があります。
ご注意ください。

例外的に以下の神社は通常時の夜でも参拝することが出来ました。
深夜の参拝は自己責任でお願いします。

●錦天満宮(20時ごろに閉門。繁華街に面しているので、夜でも明るいです。)
●八坂神社(22時ごろの参拝は可能でした)
●伏見稲荷大社(22時ごろの参拝は可能でした。参道の灯りがほとんど無い状態なので注意が必要です。)


Q:期間限定公開の拝観って行った方がいい?
A:普段公開してない場所や収蔵物が拝観出来るので、良い機会だと思います。
●行った方が良いと思われる場合。
通年で公開してない寺院。(一定期間だけ開放してるのですが、例年公開されるとは限らない。)
通年で拝観可能な寺院であるが、**年に一度といった感じで、特別な仏像、掛け軸などが公開されてる場合。(次回の一般公開までにかなりの年数を要するので貴重。)

●どちらでも良いと思われる場合。
通年で拝観可能な寺院で、「春の一般公開」「秋の一般公開」という感じの季節限定公開が行われている場合。(ほぼ例年行われているので、都合が合わなければ次の機会でも良いと思います。)



◆◆ バス乗車、一日乗車券など ◆◆

Q:バスの乗車方法は?
A:京都市内で運行してるバス(市バスに限らず)は、後ろ(または中央)から乗って、前から降ります。
運賃は降車時に支払います。


Q:市バスの運賃に電子マネーは使えますか?
A:使えません。
古い計画では2011年以降、PiTaPaが使用可能の予定でしたが、現状では未対応です。
現在の計画では2014年中に対応予定です。
なお、市営地下鉄では今現在PiTaPaが使えます。


Q:市バスで使える磁気カードは?
A:次のような物があります。
●トラフィカ京カード(市バス、市営地下鉄用のプリペイドカード)
●スルッとKANSAI
●各種、企画乗車券(市バス一日乗車券など)
詳細はこちらでどうぞ。
http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000019521.html


Q:市バス車内で両替は出来ますか?
A:できます。
車内の両替機で使用できるのは、1000円札、500円硬貨、100円硬貨、50円硬貨です。


Q:「市バス一日乗車券」が使用できない市バスはありますか?
A:ありません。
市バスは均一区間と呼ばれる220円の運賃区間と、それを超える区間(嵐山、修学院など)を運行しています。
「市バス一日乗車券」は全ての市バスに使用できますが、有効なのは均一区間エリア内のみです。
均一区間エリアの確認は、こちらのエントリーを参考にしてください。


Q:市バス車内に「市バス一日乗車券」の自販機はありますか?
A:ありません。
車内で購入する場合は、運転手さんに申し出てください。


Q:「市バス一日乗車券」はコンビニで販売していますか?
A:販売しています。
しかし、どこのコンビニでも必ず販売してるとは限りません。
「市バス一日乗車券」は、コンビニ単位ではなく店舗単位で販売を決めているので、例えばローソンA店では販売していたが、ローソンB店では販売してないという可能性もあります。
取り扱いの可否は、店舗の外から判断出来ないので、店員に尋ねてみるのが一番確実です。
こちらのエントリーも参考にどうぞ。
http://kyotoktkr.blog119.fc2.com/blog-entry-17.html
http://kyotoktkr.blog119.fc2.com/blog-entry-27.html


Q:「京都観光一日乗車券」はコンビニで販売していますか?
A:販売していません


Q:「市バス一日乗車券」や「京都観光一日乗車券」の使用期限は?
A:裏面に日付が印字されてなければ、使用期限はありません
最初に使用するとき車内のカードリーダーに通しますが、その時当日の日付が印字されるので、その時点から使用期限が発生するようになってます。
購入直後は日付印字されてないので、使用期限は発生しないということになります。
また、購入後3ヶ月以内に使用しないといけないといったような制限もありません。


Q:「京都観光一日乗車券」ってお得なの?
A:大原方面と醍醐方面に観光する場合は、お得です。(醍醐方面は【山科・醍醐拡大版】を利用)
嵐山方面、鞍馬方面、宇治方面に観光する場合は、観光予定によりお得度が変わります。
こちらのエントリーも参考にどうぞ。
http://kyotoktkr.blog119.fc2.com/blog-entry-16.html



◆◆ その他 ◆◆

Q:バスの代わりに、レンタサイクルを利用した方が便利?
A:自転車を単なる移動手段と考える場合はお勧めしかねますが、
次のような人には向いていると思われます。

●町並みをゆっくり楽しみたい。(石碑や路地などを散策)
●交通機関が発達してない地域(嵯峨野地域など)を効率よく観光したい。
●バス待ちしたり混雑するバスが嫌い。


Q:京都駅に着いたけど、荷物が多くてめんどくさい。
A:ホテルに宿泊予定なら、JR京都駅キャリーサービスを利用しましょう。
利用可能なホテルが限定されますが、荷物1つあたり750円でホテルまで届けてくれます。
また、宿泊予定が無くても、コインロッカー代わりに利用することもできます。(荷物1つあたり1日410円)
詳細はこちらでどうぞ。
http://www.carry-s.com/

注意:
駅構内の観光案内所でも似たようなサービスをしていますが、こちらは荷物1つあたり900円なので割高です。


Q:錦市場に行ったら店がほとんど閉まってたけど?
A:錦市場の店舗は、閉店する時間が早いです。
概ね、17時30分~18時に閉店します。
市場を散策する場合は、遅くても17時を目安に到着したほうが良いでしょう。


Q:京都タワーの展望料金を安くする方法は?
A:次の方法があります。
●「京都観光一日乗車券」付属のガイドマップに印刷されているクーポン券を使用する。
●京都タワーのサイトにクーポン券があるので、プリントアウトして使用する。
●京都駅前の観光案内所で配布されているクーポン券を使用する。(ポケットティッシュぐらいの大きさです。自由に持って行けます)
関連記事

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人目の訪問です。

プロフィール

mark@kyoto

Author:mark@kyoto
京都市民が京都観光について書いています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加中
よければクリックを。

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。