スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR西日本の「スーパー早特きっぷ」


JR西日本が、期間限定で新大阪~博多間の「スーパー早特きっぷ」を販売しました。
http://www.jr-odekake.net/goyoyaku/e5489/ticket/s-hayatoku/
http://www.westjr.co.jp/press/article/2013/03/page_3488.html(プレスリリース)

窓口の販売は無く、ネット予約(e5489)のみの販売らしいです。
(きっぷの受け取りは「みどりの窓口」「みどりの券売機」「みどりの受取機」などの券売機。)
資料を見る限り、クレジット決済のみかもしれません。
旅行会社でも扱っているようですが、その場合は対面販売だと思われます。


★★★ 主な内容 ★★★
●発売期間 2013年3月26日~9月16日
 利用期間 2013年4月26日~9月30日

●発売額
 「のぞみ」「みずほ」「さくら」利用
 新大阪(市内)~博多(市内) 10000円(片道運賃)
 「こだま」利用
 新大阪(市内)~博多(市内) 15000円(往復運賃)

 ただし、上記2種類のきっぷの席数は限定されてるようです。

●発売場所 JR西日本、JR九州の出発地周辺の主な駅、主な旅行会社。





JR西日本の企画切符なので、京都までの区間は無く新大阪までになりますが、
京都まではJR在来線を利用すると+540円で行くことが出来ます。
(なお、新幹線京都駅はJR東海管轄)

福岡→京都 新幹線とPeachの比較 のエントリーで、Peachとはるかを利用して京都まで移動した場合は、
所要時間合計:201分  運賃合計:10590円
になりましたが、今回のきっぷ(のぞみ版)を利用すると、価格面でほぼ互角になりリーズナブルです。

◆◆◆ スーパー早特きっぷを利用した場合 ◆◆◆
博多 9:05発
 ↓
新大阪 11:35着
新大阪 11:50発(JR 新快速)
 ↓
京都 12:14着

所要時間:189分
運賃:10000円 + 540円 = 10540円



また、こだまを利用するきっぷでは、片道運賃が7500円!
時間はかかりますが、価格面ではPeachを凌駕しています。

◆◆◆ スーパー早特きっぷ(こだま版)を利用した場合 ◆◆◆
博多 6:34発
 ↓
新大阪 11:05着
新大阪 11:20発(JR 新快速)
 ↓
京都 11:44着

所要時間:310分
運賃:7500円 + 540円 = 8040円

こだまを利用する問題点は、7~10時までの時間帯に新大阪まで行く列車が無いことと、時間がかかりすぎるのが欠点。
あと、こだまそのものの本数が少ないというのもありますが、そこは諦めましょう(^^;


この2種類のきっぷ、
差額2500円を取るか、2時間節約するのを取るか!?
という判断になりそうです。


LCC対抗の企画切符なので、価格面ではメリットが大きいですが、あえてデメリットを言うと、
●予約後の変更不可
●指定列車に乗り遅れた場合、その乗車券の特急料金は無効になる(一般的な新幹線切符の場合、乗り遅れた場合は後続の新幹線の自由席に乗車することが可能だが、スーパー早特の場合は別途特急料金が必要)

こんな感じです。
まあ、特に大きなデメリットにはならないと思います。


価格的にはなかなか良いきっぷなので、利用する場合は早めに予約しないと売り切れるかも。


各種、お得チケットの内容を簡単にまとめたエントリーはこちら。
関連記事

テーマ : 京都
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人目の訪問です。

プロフィール

mark@kyoto

Author:mark@kyoto
京都市民が京都観光について書いています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加中
よければクリックを。

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。